③反対咬合・受け口

 

 

反対咬合・受け口(反対咬合・Ⅲ級咬合・埋伏歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴噛み合わせが反対になっている
年齢・性別

10~20代女性

症例問題点反対咬合・Ⅲ級咬合・埋伏歯
診断

上顎左側犬歯の埋伏を伴うアングルⅢ級、骨格性Ⅲ級、反対咬合症例

治療装置マルチブラケット装置(表側ワイヤー、プラスチックブラケット)
犬歯牽引装置(リンガルアーチ)
顎間ゴム(3級ゴム)

抜歯/非抜歯

部位

非抜歯
治療期間3年6か月(1期 2年+Ⅱ期 1年6か月)
治療の主なリスクと副作用下顎の成長や、親知らずの萌出にともない、反対咬合が再発する可能性がある。
治療費用¥810,000+税

 

症例解説

前歯の噛み合わせが逆の、反対咬合が主訴で来院されました。レントゲンを撮影しますと、右上の糸切り歯(3番目)が、右上の1番目と2番目の間に埋もれている状態(埋伏歯)でした。最初に糸切り歯を正しい位置に引っ張り、その後、マルチブラケット装置で歯を並べました。顎間ゴム(3級ゴム)を用いて下顎の前歯を内側に倒し込みました。
治療の結果、糸切り歯は正しい位置に並び、反対咬合は改善し、緊密な咬合を獲得しました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ