㊾叢生

 

 

ガタガタ(叢生・唇側転位・抜歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴前歯のガタガタが気になる
年齢・性別

11歳男性

症例問題点上下顎の重度の叢生、過蓋咬合、上顎前突
診断

上下顎に重度の叢生と過蓋咬合を伴うアングルⅡ級、骨格性I級、上顎前突症例

治療装置

マルチブラケット装置

ナンスのホールディングアーチ

抜歯/非抜歯

部位

右上4番・左上4番・右下5番・左下5番
治療期間4年6か月
治療の主なリスク・副作用長期間装置を装着することによるカリエスリスクの増大。
歯冠空隙(ブラックトライアングル)ができる可能性がある。
治療費用¥810,000+税

 

症例解説

前歯のガタガタを主訴に来院されました。ガタガタの解消と、奥歯のかみ合わせを合わせるために、上あごは左右の4番目の歯、下あごは、隙間不足で極端に舌側に倒れていた左右の5番目の歯を抜歯しました。上あごは、ガタガタを治すだけでなく、下顎前歯と正しいかみ合わせになるよう、上顎前歯を後退させる必要もありましたので、ヘッドギア装置を患者さんに協力してもらい、緊密な咬合を獲得できました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ