㊺上顎前突

 

 

上顎前突(叢生・唇側転位・抜歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴出っ歯
年齢・性別

10~20代女性

症例問題点上下顎の叢生、上顎前突
診断

上下顎歯列の狭窄と中程度の叢生を伴う、

アングルII級、骨格性II級、上顎前突症例

治療装置

ハイプルヘッドギアー

ナンスのホールディングアーチ

マルチブラケット装置

(唇側からの矯正治療、セラミックブラケット)

歯科矯正用アンカースクリュー

抜歯/非抜歯

抜歯
右上4番・左上4番・右下5番・左下5番
治療期間3年2か月
治療の主なリスク・副作用歯冠空隙(ブラックトライアングル)が生じることがある
治療費用¥820,000+税

 

症例解説

治療前は、上下顎の歯列幅が狭く、上顎前歯は著しく前突し、口唇閉鎖が難しい状況でした。上下顎の小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置で叢歯列を拡大しながら叢生を改善しつつ、歯科矯正用アンカースクリューを活用して、上顎前歯を最大限に後退させました。治療の結果、前歯で物が噛み切れる緊密な咬合と、綺麗な横顔のお顔立ちが確立できました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ