㊹叢生・リンガルブラケット矯正法

 

 

ガタガタ・八重歯(叢生・反対咬合・抜歯・リンガルブラケット矯正法)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴歯並びを治したい
年齢・性別

10~20代女性

症例問題点上顎両側側切歯の反対咬合
診断

上顎両側側切歯の反対咬合を伴う、アングルⅡ級、骨格性Ⅱ級

前歯部叢生症例

治療装置

リンガルブラケット矯正法

歯科矯正用インプラントアンカースクリュー

抜歯/非抜歯

部位

抜歯

右上5、左上5、下顎の親知らず2本(右下8、左下8)

治療期間3年2カ月
治療の主なリスク・副作用

成人の矯正治療なので歯冠空隙(ブラックトライアングル)が

できることがある

治療費用¥1,250,000+税

 

症例解説

上の前歯のガタガタを主訴に来院されました。左右の2番目の歯が内側に引っ込んでおり、逆紙でした。ガタガタの解消と、奥歯のかみ合わせを合わせるために、上あごは左右の5番目の歯を抜歯しました。下あごは、左右の親知らずを抜歯し、歯科矯正用アンカースクリューで親知らずの抜歯スペースに下あごの歯列を下げました。治療の結果、緊密な咬合関係が獲得できました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ