㊱反対咬合

 

 

反対咬合(Ⅰ期治療の途中)

【治療前】 【治療中】  


治療の詳細

主訴上下顎右側前歯の反対咬みとそれによる歯の動揺
年齢・性別

小学生女児

症例問題点上下顎前歯のガタガタ、上下顎前突
診断

上下顎前歯部の叢生を伴う、アングルI級、上下顎前突症例

治療装置

上顎急速拡大装置

バイトプレート

抜歯/非抜歯

部位

治療途中
治療期間治療途中
治療の主なリスク・副作用成長に伴い、下顎が成長して、反対咬合が再発する可能性がある。
治療費用¥410,000+税

 

症例解説

右側前歯の反対咬合と、それによる歯の動揺を主訴に来院されました。1期治療で上下顎の拡大を行い、永久歯の並ぶ隙間を獲得中です。将来的には、2期治療で永久歯を抜歯して、上下顎前歯を後退させ、より良いお顔立ちを目標とした治療に進む可能性もあります。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ