㉑反対咬合

 

 

 

受け口(反対咬合・非抜歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴受け口と歯並びが気になる
年齢・性別

10~20代女性

症例問題点反対咬合
診断

4前歯の機能性反対咬合を伴う骨格性Ⅲ級、アングルⅢ級症例

治療装置マルチブラケット装置(表側ワイヤー、セラミックブラケット)、ClassⅢエラスティック

抜歯/非抜歯

部位

非抜歯
治療期間2年2か月
治療の主なリスク・副作用歯の問題は解決したが、骨格性の問題は解決していないため、咬合時に歯の負担が大きい可能性がある。顔立ちは変化しない。
治療費用¥810,000円+税

 

症例解説

前歯の反対咬合を主訴に来院されました。噛み込みの深いタイプの反対咬合でしたので機能性の反対咬合と診断しました。しかし、骨格性の反対咬合でもあったので、通常の矯正治療か、外科手術を伴う矯正治療か、どちらがよいか患者さんとお話ししました。患者さんは通常の矯正治療を選ばれたので、マルチブラケット装置で治療していくことになりました。奥歯にプラスチックを盛り足して、上あごの前歯を一気に外側にあおって、反対咬合を改善しました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ