⑯叢生・非抜歯

 

 

ガタガタ・噛み合わせが交叉している(叢生・交叉咬合・非抜歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴上の前歯のガタガタが気になる
年齢・性別

20~30代女性

症例問題点上顎中切歯翼状捻転・上顎前歯叢生・交叉咬合
診断

上下顎前歯部の叢生を伴うアングルⅠ級、骨格性Ⅰ級症例

治療装置マルチブラケット装置(表側ワイヤー、セラミックブラケット)

抜歯/非抜歯

部位

非抜歯
治療期間2年
治療の主なリスク・副作用成人矯正で拡大、非抜歯症例なので、歯肉退縮する可能性がある。
治療費用¥810,000円+税

 

症例解説

前歯のガタガタを主訴に来院されました。ガタガタの量は軽度であったため、抜歯でも非抜歯でも治療は可能でしが、患者さんの希望で非抜歯での治療となりました。

ガタガタを並べるスペースを獲得するため、上あごの拡大と、歯を細くするストリッピングを行いました。

治療の結果、緊密な咬合を獲得できました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ