⑭叢生・過蓋咬合

 

 

ガタガタ・噛み合わせが深い(上下顎前歯叢生・過蓋咬合・抜歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴ガタガタが気になる
年齢・性別

10~20代男性

症例問題点下顎右側第一大臼歯が抜歯予定、過蓋咬合、下顎左側中切歯が歯肉退縮している。
診断

前歯部の叢生を伴うアングルⅠ級、骨格性Ⅰ級、過蓋咬合症例

治療装置マルチブラケット装置(表側ワイヤー、セラミックブラケット)
インプラントアンカースクリュー

抜歯/非抜歯

部位

抜歯

右上4番・左上4番・右下6番・左下5番

治療期間4年
治療の主なリスク・副作用 下顎右側第2大臼歯を近心移動させたことによる歯根への負担、歯根露出
治療費用¥810,000 +税

 

症例解説

上下のガタガタと出っ歯傾向が主訴で来院されました。ガタガタの解消のために抜歯での治療としました、上あごは左右第一小臼歯を抜歯しました。下顎は右下の第一大臼歯が割れており、予後に不安があったため右下の大臼歯を抜歯しました。成人の男性で、噛む力が強いため、歯が動きにくく治療の期間は4年と長くかかりました。治療の結果、緊密な咬合が獲得できました。

左下の前歯は、初診の段階で歯肉退縮していたため、治療後も歯肉退縮を認めます。今後、患者さんが希望されれば、歯肉移植も可能であるとお伝えしています。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ