㊲子供の矯正治療

 

 

こどもの矯正治療(叢生・Ⅰ期治療の途中)

【治療前】 【治療中】  


治療の詳細

主訴前歯の反対咬みと受け口かどうか
年齢・性別

小学生男児

症例問題点前歯の反対咬みと受け口傾向
診断

上顎前歯部の叢生と、左右側側切歯の反対咬合を伴う、

アングルIII級、骨格性III級症例

治療装置

バイヘリックス

上顎急速拡大装置

フェイスマスク

下顎拡大プレート

抜歯/非抜歯

部位

非抜歯予定

治療期間治療途中
治療の主なリスク・副作用患者の顎骨の成長発育によっては、将来的に外科手術を併用する必要があるかもしれない。
治療費用¥410,000+税

 

症例解説

左右側側切歯の反対咬みと、受け口かどうかを気にして来院されました。1期治療で、上下顎の拡大を行いながら、骨格的な受け口の問題の改善のために、上顎骨を前方に引く治療を行いました。上顎前歯には、部分的にマルチブラケット装置を用いて側切歯の反対咬合を改善し、審美的にも機能的にも良好な咬み合わせを獲得できました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ