㉟非抜歯

 

 

こどもの矯正治療(叢生・Ⅰ期治療の途中)

【治療前】
【治療中】  


治療の詳細


主訴前歯のガタガタが気になる
年齢・性別

小学生女児

症例問題点上下顎前歯部のガタガタ
診断

上下顎前歯部の叢生を伴う、アングルII級、骨格性I級、叢生症例

治療装置

上顎急速拡大装置

下顎拡大プレート

抜歯/非抜歯

部位

非抜歯
治療期間治療途中
治療の主なリスク・副作用1期治療のみなので、噛み合わせが完全には確立できていない。
治療費用¥410,000+税

 

症例解説

上下顎前歯のガタガタを主訴に来院されました。上顎左側2番目の歯は、隙間不足のために、反対咬合になっていました。1期治療で、上下顎とも拡大を行い、前歯のガタガタは解消され、現在は、まだ残っている乳歯が永久歯に正常に生え変わるかを経過観察しています。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ