㉓先天性欠損歯・上顎前突

 

 

ガタガタ・八重歯・大人の歯が足りない(叢生・唇側転位・抜歯・先天性欠損歯)

【治療前】 【治療中】 【治療後】


治療の詳細

主訴下の前歯のガタガタと八重歯が気になる
年齢・性別

10~20代女性

症例問題点上顎前突、下顎両側側切歯の先天性欠損
診断

上顎前歯の前突を伴うアングルⅡ級、骨格性Ⅱ級、下顎両側側切歯先天欠損症例

治療装置

マルチブラケット装置(唇側からの矯正治療、メタルブラケット)

ナンスのホールディングアーチ

抜歯/非抜歯

部位

抜歯

右上4番・左上4番・先天性欠損歯(右下2番・左下2番)

治療期間4年3か月(Ⅰ期治療2年+Ⅱ期治療2年3か月)
治療の主なリスク・副作用犬歯誘導が確立できていない。長期間の装置装着でカリエスリスクが高くなる
治療費用¥760,000円 +税

 

症例解説

出っ歯を主訴に来院されました。検査してみますと、下の前歯が2本、生まれつき欠損しており、それが重度の出っ歯の原因でした。まずはⅠ期治療でヘッドギアを使用し、大臼歯関係をアングルⅠ級に改善しました。その後、Ⅱ期治療で、上顎の左右の小臼歯を抜歯し、マルチブラケット装置で噛み合わせを確立しました。

 

←症例一覧に戻る

ページトップ